保育士資格を取得したい、保育士になりたい方を応援するサイト

050-5804-0244 【受付時間】10:00?18:00
※メールは24時間受付けております。

保育士試験まで あと
メイン メイン

保育サービスの種類

企業主導保育園

企業主導保育園

企業主導保育園とは
企業主導保育園とは

企業主導保育園とは、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。
企業が自社で働く従業員の働きやすい環境に合わせた保育施設を設置したり、地域の企業が共同で設置した保育施設がこれにあたります。
企業主導保育園は“認可外保育園”でありながら”認可保育園”と同程度政府から助成金が支払われこれらを運営の一部に充てています。
また、自治体の関与なしに企業が自由に保育施設を設置することが可能です。

企業主導保育園を利用するメリット
企業主導保育園を利用するメリット

基本的にその企業で働く従業員の子どもを保護者が働いている間預かることを目的としている場合が多いので、保護者はお迎えの時間を気にすることなく仕事をすることができます。
また、企業が休みの際には保育園も休みになるので、保育士も休暇が取れるため安定した保育が期待できます。
短時間や延長保育なども従業員の勤務体系に合わせることが可能です。
事業所内保育事業と同じく企業のテナントやビルに近接していることが多いので、何か子どもにイレギュラーな事態が起こった際保護者がすぐに駆け付けることが可能です。(眼の届く範囲に居るという安心)
※近接していない場合もあります

企業主導保育園を利用するデメリット

企業主導保育園は認可保育園と異なり、園児集めや保育園の設置をすべて企業自体でおこないます。つまり、保育の専門家が少ない場合、保育園の設置や運営に対する知識不足や見通しの甘さが問題に上げられる場合があります。
これを打破すべく、設置の際には外部から専門家を呼んだり、他の保育施設と共同で設置運営する企業主導保育園もあるようです。

企業主導保育園の一例
入園対象保育可能年齢:保護者が一般事業に雇用されている、または各住所地の市町村
定員6人以上19人以下
開園時間8時間前後(延長保育や休暇は園によって異なる)
基準面積 乳児室(3.3平米)、ほふく室(3.3平米)
保育室、遊戯室(1.98平米)
屋外遊戯場(3.3平米)
申込方法直接企業主導保育園に問い合わせる
費用各家庭の所得を基準にして各企業主導保育園にゆだねられていますので様々です。
利用資格入園対象に該当している子ども