保育士資格を取得したい、保育士になりたい方を応援するサイト

050-5830-5415 【受付時間】平日10:00~18:00
※メールは24時間受付けております。

メイン メイン

保育士
キャリアスクール
だより

早生まれの子の育児のポイント Vol.2

2021年01月23日 ニュース

早生まれの子どもに配慮した取り組みをしている学校があります。その教師が気に留めていることとは何でしょうか。また、早生まれの当事者はどんな幼少期を過ごしていたのでしょうか。

誕生日順にクラス分けをしている「玉川学園小学校」

東京都町田市にある玉川学園小学校の1年生は、60年以上にわたって誕生日順にクラス分けをしています。
1年生は生まれてまだ6,7年しか経っておらず、生きてきた時間の違いによる成長や経験の差はあって当然、と小学部長の後藤さんは話しています。
誕生月でクラス分けすることで子どもそれぞれの発達に応じた丁寧な対応ができる、としています。

後藤さんの経験から、早生まれとそうでない子どもは、体格や言語量、運動能力など明らかに差があるとのこと。
誕生月に関係なくクラス編成をすると、4月5月生まれの子がリーダーシップを取ることが多く、周りの子どもや親はそういう子を高く評価してしまいがち。

教員は他の子どもと比較せずに、その子のできることを認めてほめることが大切、と語っています。

女子よりも男子に顕著な差、スポーツ能力

以前からプロのスポーツ選手は早生まれが少ないことは言われていました。
奈良女子大学の准教授 中田大貴さんが、小1~中3までの子どもの運動能力を調査したところ、女子は小5以降ほとんど差が見られなかったのに対し、男子は差が見られたとのこと。男女の違いは二次性徴の時期が影響しているのではと指摘しています。

体格・能力差があり、活躍の場が少ない?

中田さんと東京農業大学准教授の勝亦さんの研究では、小学生は生まれ月に関係なく野球に取り組んでいるのに、中学校に上がると早生まれが少ない傾向が見られたとのことです。
4~5月生まれの子とは運動能力や体格に差があり、早生まれの子はなかなか試合に出られず、頑張りが続かないのではと指摘しています。
一方で4~5月生まれの子は好成績をおさめることが多く、優れた指導を受けられたり、レベルの高い訓練の機会が与えられます。周りから期待され、それに応えようとする心理的効果も影響しているのではと見ています。
このような機会はなかなか早生まれの子には与えられないのでは、としています。

3/27日生まれ、元サッカー日本代表の内田篤人さん

内田さんは、日本サッカー協会が企画した早生まれの高1対象の「U16」日本代表候補の選考会に参加したことが転機だったと語っています。
また、「小中学校のころはスキルを身に付けるのに最適。いずれ体格が追いついたときに差がつくのはスキル」と語っています。
早生まれということは気にせずに頑張ってほしいと語っています。

俳優の高田万由子さんの子どもは二人とも早生まれ

高田さんの長女は7月生まれで長男は8月生まれ。9月が新学期の英国では二人とも早生まれになります。
英国のカリキュラムは1年早く、小学校の入学は5歳、その前1年はレセプションです。
アジア人は体格が小さく、加えて早生まれということもあり、長男はとても心配したそうです。
そんな長男は足が速いことと計算が得意なことで遅生まれの友達と張り合っており、それが自信につながったのではと話しています。
早生まれが不利なことは前提知識として知っておいて、決して「うちの子は早生まれだから・・・」と否定的に捉えたり守りに入ったりしないでほしいと話しています。

2021年1月10日(日)朝日新聞別冊 EduA より出典