保育士資格を取得したい、保育士になりたい方を応援するサイト

050-5804-0244 【受付時間】10:00~18:00
※メールは24時間受付けております。

保育士試験まで あと
メイン メイン

保育士について

保育士の給与について

保育士の給与について

憧れの保育士を目指すのはいいけれど、お給料がどのくらいか気になりますよね。ここでは、保育士のお給料についてご案内しています。

保育士の初任給の相場について
保育士の初任給の相場について

保育士は仕事が大変なのに年収が低いという話を耳にしたことはありませんか?そこで夢を諦めてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、本当に保育士は年収が低いのでしょうか。そもそもいくらくらいが相場なのか。ここでは保育士を目指す皆さんが気になる情報をご紹介しています。

保育士の初任給はいくらくらい?保育士の初任給は、市町村が運営する公立と法人や企業が運営する私立に分けられますが、公立で働く保育士は、地方公務員という扱いになり、一般的な地方公務員と同じような給与が支払われます。公立保育園の保育士は、各種手当も公務員と同様になりますので、安定していると言えます。ただし、公立の保育園は基本給が高い場合がありますので、一概にどちらが高いとはいえないでしょう。

気になる初任給は、地域や経験年数等によって変動しますが、一般的に20万円前後ですが、年金や保険料が天引きされ、16〜17万円程度になります。勤務先を選ぶ際には、待遇をよく確認しておくとよいでしょう。保育士の派遣会社なども多く存在していますで、保育士の資格が取れたら登録し、良い条件の件を選ぶのもよいでしょう。

平成28年の厚生労働省が発表した、賃金構造基本統計調査によると、保育士の平均年収は36歳で326万円ほどとなっています。

平均年齢36歳
勤続年数7.7年
労働時間169時間/月
超過労働4時間/月
月額給与223,300円
年間賞与588,200円
平均年収3,267,800円

※厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」より

全国の30代の平均年収は、4,55万円と言われていますので、保育士の給与は決して高いとは言えないのが現状です。憧れの保育士になっても給与が低いので離職し、別の業界へ就職を決めたという方も決して少なくはありません。この問題を解決すべく、政府はさまざまな施策で保育士の処遇改善を行っています。

保育士の給与はアップするの?
保育士の給与はアップするの?

待機児童問題は、保育所の不足=保育士の不足という問題を抱えています。そこで、政府はさまざまな取り組みについて発表しています。

施策① 給与の2%引き上げ策

政府は、2017年4月から、待機児童ゼロの実現や保育士の処遇改善を打ち出全ての保育士給与を2%(月額約6,000円)引き上げることを発表しました。

施策② 新職種の設置

主任の前段階として「副主任保育士」と「専門リーダー」という職を新設し、月額40,000円の給与アップすることを発表しました。

施策③ 2兆円政策

2019年10月からの増税を受け、その増税分を財源に新に保育士や幼稚園教諭の処遇改善策の施行を表明しています。具体的な数字は発表されていませんが、保育士が増加し、待機児童問題の改善に期待が寄せられています。

憧れの保育士になって、安心して働ける職場で仕事がしたい方におすすめなのが、保育士の求人・派遣サイトへの登録です。すぐに転職など決めなくても登録しておけば、自分の気になる保育園などを紹介してくれますので、ぜひ事前登録をしておきましょう。