保育士資格を取得したい、保育士になりたい方を応援するサイト

令和3年筆記試験まで あと
令和3年実技試験まで あと

050-5804-0244 【受付時間】【受付時間】11:00〜18:00(平日のみ)
※メールは24時間受付けております。

メイン メイン

保育士
キャリアスクール
だより

神奈川県大和市の「子育て何でも応援メール」好評につき・・・

2020年09月05日 ニュース

神奈川県大和市は、妊婦さんや小さな子どもを育てる家族に、支援情報やアドバイスをメールで配信する取り組みをしているそうです。
この度好評につき、LINEとTwitterでも配信する取り組みを始めました。

妊娠期から1歳までの成長に合わせて配信

子育て何でも応援メールは、妊娠週数やお子さんの月齢に応じたママの体のことや、赤ちゃんの成長の様子、子育てに関するアドバイス、地元大和市の子育て情報や検診のお知らせなど、日常のちょっとした便利な情報をお届けする内容です。

妊娠期には毎日、子育て期には生後100日までは毎日、その後は3日に1回の配信となっています。
出産予定日や子どもの生年月日を登録することで、妊娠週や月齢に応じた内容が受け取れるしくみになっています。
利用料は無料です。

NPO法人「きずなメール・プロジェクト」に業務委託して配信

開始したのは、2017年7月。子育て支援に取り組むNPO法人、きずなメール・プロジェクトに業務を委託する形で始まりました。
目的は、周りの助けがない「孤育て」や産後うつ、乳幼児虐待を防ごぐこと。内容は医師とともに作られています。

メールの例:
題:「〇〇ちゃんが生まれて0歳3ヶ月。誕生から100日目です」
内容:「ママの気分た体調はいかがですか・・・」のほか、生後3ヶ月頃の乳幼児の対処方法などの内容

大和市子育て何でも応援メールはこちら
http://www.city.yamato.lg.jp/web/sukusuku/H29ninshin-topics.html

メール版には、電子母子手帳機能も

妊婦検診のスケジューリングや乳幼児健診の記録のほか、身長と体重を入力すると成長グラフを作成してくれる機能もあります。
育児日記を書いたり、スマホで撮影した写真をアップロードすることもできます。
電子母子手帳の内容は、同じIDを共有することによって、離れて暮らす家族も見ることができます。
大和市の予防接種情報提供サービス「らくらく予防接種」から登録ができます。

大和市「らくらく予防接種」サービス
http://yamato.city-hc.jp/

独りで不安を抱えないで!

もともと人間は長い間集団で育児をしてきたと言われています。昭和の時代は親や親戚が近くに住んでいることも多く、育児を手伝ってもらったりしていました。
しかし現代は核家族が増え、日中母親と子どもが家に閉じこもって孤立してしまうケースも多く、虐待やネグレストがおきることもあるとされています。
保護者が不安と寂しさを抱えながら独りで育児をし、ストレスを抱えないように支援する取り組みは、もっともっと他の自治体にも広がってほしいですね。

2020年8月28日(金)朝日新聞朝刊より出典