子どものお手伝いの効果|保育士キャリアスクール

子どものお手伝いの効果

子どものお手伝いの効果

育児・子育て 2020年09月25日 キーワード , , ,

お父さんやお母さんのお話していることが理解できるようになったら、お手伝いを始めるタイミングです。

お手伝いをすることで様々な効果が期待できます。

お母さんに頼まれたことで責任感がうまれ、自分でやってみようという自立心も芽生えます。子どもは身近な範囲のお手伝いをすることを通して、様々なことを経験し学習しているのです。
お手伝いをするとパパやママは「ありがとう」と褒めてあげますよね。
子どもは褒められることがうれしくて、何度もお手伝いをしようとするでしょう。

そうすることで、使ったものは片づけることや、脱いだら服をたたむことも生活習慣として身についていきます。生活習慣がつくことで決められた時間の中でやり遂げる力がついていき、その力は次第に先のことを見据えて行動ができるようになってきます。

学習面においても、目標やそれに向けて計画を立て勉強ができるようになっていきますので、学力の向上にも繋がっていくでしょう。

好き嫌いの多い子どもには、お料理のお手伝いをお願いするのも良いかもしれませんね。

野菜を洗ったり、皮をむいたり、お米を研いだり簡単なことからお願いしてみましょう。
自分がお手伝いしたことで嬉しくなって、苦手なものも食べられるようになるかもしれませんね。
年齢に合ったお手伝いをお願いしてみましょう。そして、子どもが自由にお手伝いできる環境を作ってあげてください。

やる気の出るような言葉かけも大切ですよ。

失敗しても、出来たことを見つけてそれまでの経過を褒めてあげましょう。お母さんに褒めてもらいたくて進んでお手伝いをするようになるかもしれませんね。
最初からうまくできないこともあります。

お母さんもできるようになるまで子どものやりたい気持ちをそっと見守ってあげられるように心がけてくださいね。
続けていけば必ずできるようになっていきます。

そして出来たことをいっぱい褒めてあげてくださいね。