保育士資格を取得したい、保育士になりたい方を応援するサイト

050-5804-0244 【受付時間】11:00〜18:00(平日のみ)

メイン メイン

保育士
キャリアスクール
だより

保育士のお悩み~書き仕事が意外に多い~

2018年06月23日 ニュース

保育士の仕事の中で一番のウエイトを占めるのは子どもと接する時間。子どもが好きで、子どもと関わりたくて保育士になっている方が多いので当然なのですが、社会人となると、いわゆる雑務っていうのがたくさん入ります。

■書類を書く作業が意外に多い保育士

これはハッキリ言ってどの業界でも同じ。社会人になれば報告連絡相談、いわゆる「ほうれんそう」にかかわる時間が取られるのは必然です。業界によっては全てPCで一括管理なんていうところも。でも保育園は一人一台PCがあるわけではなく、ipadすらなかったりします。また機械が苦手な保育士さんも大勢います。

■本当にこれは必要なのか?

中には本当に必要なのか?何に使うのか?が疑問が残る資料もあります。なんとなく「昨年も書いていたから」という理由で書いていたり残していたりする資料だって多いでしょう。ここはひとつ、本当に必要なのか、残す必要があるのかを再考しましょう。
そして自分から「これとこれの資料は一緒にしませんか?」「この資料は見返すことが一切なかったのでやめませんか?」と伝えてみたらいかがでしょう?「私もそう思っていた」と発言する人が出てきますよ。

■文章を素早く書く訓練をしよう

これは保育を勉強している学生さんにぜひ慣れてほしいこと。文章を早く書くことです。コツは「良い文章を書こう」と力まないこと。意図が伝わる事、簡潔にまとめることを念頭に置いて、普段からレポート提出や宿題などだらだら時間をかけず、「15分で終わらせる」など目標を定めるといいでしょう。学生時代から書くことに慣れておくと、保育士の職を探すときに有利です。