遊び不足|保育士キャリアスクール

遊び不足

遊び・お出かけ 2020年05月22日 キーワード , ,

子ども達が遊びから得られるものそれは無限大です。「遊びは大切」という言葉をよく耳にしますがなぜ大切なのでしょうか?

子どもたちは遊びを通して物を作ったり、ルールを作り工夫したりして創造力を養います。
そして自然や生き物に触れ、命の尊さや豊かな心を育みます。
異年齢の子ども同士の関わりからはコミュニケーション能力や人を思いやる気持ちや社会性も身につきます。
何より自分から挑戦していこうとする意欲がうまれます。子ども達は、遊びを楽しみながら知らず知らずのうちに生きていく力を身につけていっているのです。
そんな子どもたちにとって大切な遊びですが、今の子ども達が置かれている現状を表す言葉をご存知でしょうか?

それは「3間がない」といいます。

空間や時間や仲間のことをいいます。子どもたちの遊ぶ時間や場所がなくなり友達も少ないことを言います。そう言ったことから遊び方の分からない子どもたちが多くなってきているのではないかという心配もあります。

おもちゃに触れることの繰り返しであったり、そこから遊びが発展していかないのではということも懸念されています。
子どもたちの遊びを発展させるために自主的に遊ぶ意欲を断ち切らないような、場と時間を少しでも作ってあげられるような工夫をしてみてはいかがでしょうか?

大切なのは、まわりの大人たちが子どもの遊びを創造できる環境を作ってあげることではないでしょうか。