語りかけ育児|保育士キャリアスクール

語りかけ育児

その他の豆知識 2020年06月13日 キーワード , , , ,

言葉を十分に伸ばし、コミュニケーション能力を引きだす育児書として話題の「語
りかけ育児」。本書の中では1日30分だけ、静かでリラックスできる環境のなか
で赤ちゃんのやりたい事に沿って、遊んだり語りかけることで子どもの才能を最大
限に引き出しコミュニケーション能力を育てる方法について書かれています。

お母さんが自分にしっかりと向い合ってくれる、という安心できる気持ちを与える
ことで、赤ちゃんに意欲と自己肯定感を育てることができるといいます。

この語りかけ育児はどのようにすればよいのでしょうか?

①子どもと1対1で向き合う時間を1日30分以上作ること。
②人の出入りはなるべく避けて、テレビも消します。なるべくリラックスでき
る環境にしましょう。
③発達にあった言い方で語りかける。

※いくつかの単語が話せるようになったからと言って無理やり語りかけ育児をす
るのはやめましょう。

語りかけ育児は「自分が大好き」と言える子どもを育てるといいます。
話しかけることに集中して赤ちゃんに話させようとしてはいけないといいます。
子どもは自分の気持ちを表に出すとき、相手がきちんと関わってくれるという経験
がたくさん必要だと言うことが、研究で明らかになってきています。そういった経
験の積み重ねが子どもの心に自分の存在には意味があるという感情を育てていく
のでしょう。


語りかけ育児はことば自体を育てるのではなく、子どもが家族や周りとの温かい関
係の中で大事にされていると感じ取り、自己肯定感を十分にもてるようになること
を目指しているといえるのでしょう。(同書より一部抜粋)
同書には発達に添って「何を」語りかけ、「どのようにして」遊ぶのかが最適にわ
かります。気になる方は一度手に取ってみてはいかがでしょうか?